広田歯科医院 鳥取市湖山町南2丁目 一般歯科・歯周病・小児・矯正歯科・審美歯科・予防歯科・レーザー・高周波治療・顎関節症
ホーム > 目立たない入れ歯(ノンクラスプ義歯)

目立たない入れ歯(ノンクラスプ義歯)

ノンクラスプ義歯とは
ノンクラスプ義歯とは、部分入れ歯の金具バネ(クラスプ)がないものです。

部分義歯(入れ歯)には、入れ歯が動かないようにするための金属製の金具(バネ、止め具)が付いていますが、ノンクラスプ義歯は、金属製の金具の代わりに、特殊なプラスチック製の材料で義歯を支えます。
そのため、口を開けても金属製の金具が見えないので、審美性に大変優れています。
さらに、破折に強い素材で歯肉の色調と同化するのが今までの部分入れ歯とまったく違うところです。

ノンクラスプ義歯の治療内容・費用

義歯の本数(1〜2歯) 80,000円
義歯の本数(3〜8本) 80,000〜100,000円
(いずれも税別です)

ノンクラスプ義歯の欠点

@ 弾力性があるため、総義歯とか多数歯のように義歯の大きさが大きくなる場合はたわむことが予想されるため適さない。
A 材料の関係で、増歯(後で義歯の歯数を増やす)などの修理には適さない。(状態の悪い歯がある場合はしっかり治療してから義歯作成に取り掛かる)


広田歯科医院
〒680-0945 鳥取県鳥取市湖山町南2丁目153
0857-28-5821

Copyright (c) Hirota Dental Cllinic All Rights Reserved.