広田歯科医院 鳥取市湖山町南2丁目 一般歯科・歯周病・小児・矯正歯科・審美歯科・予防歯科・レーザー・高周波治療・顎関節症


 「ビスフォスフォネート製剤による顎骨壊死の臨床病態と予後予測因子」のミニ学会に参加


投稿:

「ビスフォスフォネート製剤による顎骨壊死の臨床病態と予後予測因子」と題した東部歯科医師会のミニ学会に出席してきました。
講師は鳥取大学歯科口腔外科教授の領家和男先生でした。

ビスフォスフォネート製剤とは主に骨粗しょう症や悪性腫瘍の治療に広く用いられています。
ビスフォスフォネートによる顎骨壊死の報告は近年増加傾向にあります。しかし、適切な治療法や予防法はまだ確立されていません。
この製剤を服用あるいは注射されている患者さんは、日常臨床で多く見られます。当医院にもたくさん来院されます。
特に、外科的侵襲を伴う処置の場合は注意が必要です。

くすりの種類、投薬方法、使用期間、局所の状態、男女差などたくさんのチェックポイントがありました。
とてもためになる学会でした。


2009年11月27日()
<< 日本歯科医学会 平成21年度学術講演会
2009.11.16
ありがとうございました >>
2015.12.18



はじめのページに戻る



広田歯科医院
〒680-0945 鳥取県鳥取市湖山町南2丁目147-20
0857-28-5821

Copyright (c) Hirota Dental Cllinic All Rights Reserved.