広田歯科医院 鳥取市湖山町南2丁目 一般歯科・歯周病・小児・矯正歯科・審美歯科・予防歯科・レーザー・高周波治療・顎関節症


 器具の滅菌について


投稿:



最近の新聞報道で歯科医院の切削器具(ドリルといってました)について記載がありました。
かなり反響があるようです。

当院ではドリル(バーといいます)とドリルの柄(タービンといいます)は完全滅菌して患者さんごとに交換しております。
歯を削るとき、切削粉のみならず血液もタービンには付着します。またエアーを使うためそれらをタービンの中に吸い込むこともあります。
ですからタービンなどの切削器具は絶対に患者さんごとに交換する必要があります。

タービンは患者数分取り揃える必要があるため、かなりの本数がいります。バーにいたっては同じ種類を何十本も持っています。
また滅菌機もしっかりしてもので一度に何本も滅菌できるものを準備しなければなりません。
タービンは滅菌のみではなく、注油も1本1本必要です。

当院では一度に滅菌と注油が同時に6本できる滅菌機と普通の滅菌機やガス滅菌機など合わせて4台の滅菌機を有しています。
ガス滅菌機はゴムやプラスチックなど高温に弱い材質のものの滅菌に適しています。
(あまり歯科医院では持っていません。)
患者さんに感染の機会を与えないため、毎日フル回転しております。

私たちの治療で感染を起こしたくないので感染予防には力を入れております。



2014年5月26日()
<< 花が綺麗に咲きました♪
2014.4.24
保育園の検診に行ってきました >>
2014.6.5



はじめのページに戻る



広田歯科医院
〒680-0945 鳥取県鳥取市湖山町南2丁目147-20
0857-28-5821

Copyright (c) Hirota Dental Cllinic All Rights Reserved.