広田歯科医院 鳥取市湖山町南2丁目 一般歯科・歯周病・小児・矯正歯科・審美歯科・予防歯科・レーザー・高周波治療・顎関節症

 小児歯科と歯科矯正

以前は小児歯科と矯正歯科は分けて考えられていました。私たちが大学で勉強したときも、この2つは別のものとして捉えられていました。
今では小児矯正歯科として1つのものとして考えられてきています。
小児歯科治療と矯正歯科治療を分けることなく、常に一緒に考えていこうということです。
子供の虫歯だけ治療すればよいではありません。
安易に虫歯の治療のみで終わってしまうと、大事な歯並びの不正を見逃すことがあるかもしれません。
放っておけば将来大きな歯列不正になってしまうようなことでも、適正な時期に簡単な治療をすることで防いでいくことができます。

子供の虫歯は当然先に治療を行います。乳歯の治療を適切に行うことは身体や顎の発育のためにも、歯列不正予防のためにも重要です。


 歯列育成とは

歯科矯正には成人矯正と小児を含めた若年層の矯正があります。
この子供たちの矯正は小児歯科ととっても深くかかわりを持っています。
将来、歯並びやかみ合わせが悪くならないように、見守っていかなければなりません。
この歯列やかみ合わせを育成することが歯列育成です。

歯列育成とは、将来萌えてくる永久歯のために充分萌えることのできるスペースを確保することが目的です。萌えるスペースが充分あれば自然と歯並びはよくなっていきます。
簡単にいえば、悪い歯並びにならないように予防することになります。

写真(萌出スペース不足)








顎の大きさと歯の大きさが合わないときは歯列が凸凹になってしまいます。このような時は、顎の発育が遅いわけですから、顎の成長を促し歯のスペースを確保するようにします

このような症例は早く対処すれば簡単に治ってしまうものが多いです



歯列育成の時期

5〜6歳から12歳ぐらいまでを歯列育成の期間として考えています。
とくに5〜8歳の時がとても大事な時期と考えています。
歯列育成のみで歯並びがよくなっていけば治療は終了です。

さらにその後の治療の必要な人は本格矯正へと入っていきます。(あらかじめ説明いたします)
この場合、費用は割高にならないようにいたしますのでご安心ください。

装置について

主に装置はとりはずし式のものを使用しますので、小学生低学年でも安心して治療が受けれます。
自分で取り外しができますので、はずして歯みがきできるので虫歯の心配も少ないですし、見た目も特に問題ありません。
装置も簡単なので費用も本格矯正に比べると安価となります。
必要があれば固定式となりますが、そのときは説明いたします。

学校にもはめていくの?

取り外しタイプの装置は衛生的であり、また必要なときははずすことができるので審美性を気にする人でも装着してくれます。
しかし、学校にははめていくのはいやだというお子さんもいらっしゃいます。そんな時、担任の先生を味方につけて理解と協力をお願いするため、担任の先生に私のほうからお手紙を書きます。
ただ、どうしても学校にははめていきなくない場合は無理をせず、多少時間はかかりますが、お家ではめるようにします。
よくお話をしてから治療を始めていきます。

広田歯科医院
〒680-0945 鳥取県鳥取市湖山町南2丁目147-20
0857-28-5821
歯科専用ホームページ.com