広田歯科医院 鳥取市湖山町南2丁目 一般歯科・歯周病・小児・矯正歯科・審美歯科・予防歯科・レーザー・高周波治療・顎関節症

歯周病について

02
 歯周病のお話

歯周病とは
歯周病は、歯ぐきや歯槽骨などの歯を支える組織におきる進行性の病気です。

歯肉が腫れる歯肉炎に始まり、炎症が進むと歯と歯ぐきの間の溝が次第に深くなり(歯周ポケット)、歯がグラグラしてきて、最後には歯を抜かなければならないくらい進行する怖い病気です。

歯周病とは歯ぐきから出血をする程度の初期の歯肉炎からすでに始まっています。
ウミがでて、歯がグラグラするのが歯周病と思っている人が多いと思いますが、初期の歯肉炎からもうすでに始まっています。
早いうちの治療や管理が必要です。




歯周病の予防
歯周病を防ぐには、歯ブラシやデンタルフロスを使って日常からしっかりと歯を磨くことが必要です。
そして、歯科医院で歯石やバイオフィルムをとってもらうことが必要です。

バイオフィルム とは微生物が排出するスライムで囲まれた微生物の集合体です。
虫歯も歯周病も細菌による感染症です。菌はバイオフィルムで覆われているため、容易に除去できません。歯ブラシでは除去できないのです。
つまりバイオフィルムで守られている細菌は家庭での歯ブラシでは取れないのです。
歯科医院でこのバイオフィルムを除去してもらうことが重要なのです。

ではどうやってバイオフィルムを除去するのでしょうか。
PMTC (プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)という方法があります。
歯科衛生士が特別な器具や技術をもって行う歯のクリーニングの方法をいいます。
いろいろなかたちのゴムのチップや小さなブラシでクリーニングします。
通常ではとれないせまい部分もきれいに掃除できます。
まったく痛くありません。むしろとっても気持ちがよいものです。
ぜひ一度ご体験ください。

歯科医院でのプラークコントロールと歯石除去、そして PMTC や噛み合わせの調整を行うことで、歯周病の予防が可能になります。


歯周病の予防の流れ
- 検査
・歯周ポケットの検査・歯の動揺度の検査
歯と歯ぐきの状態を一本一本細かく調べて歯周病の進行程度や治療方針を決定します。

・位相差顕微鏡による細菌検査
お口の中の歯垢を位相差顕微鏡でみるとその人の細菌の活動状況や治療状況がよくわかります。パソコンのモニターで見ることができます。
歯周内科治療にも活用します。

・レントゲン検査

・唾液の検査
人により唾液の性状は違います。唾液の性状により歯周病の進行に影響があります。


- 診断
検査結果をもとにして患者さんとじっくりお話をして治療方針を決定いたします
インフォームドコンセント に基づき説明いたしますのでご安心ください。
- 治療
治療方法はその人によって当然違ってきます。
プラークコントロールや歯石除去を行います。(歯周初期治療)
必要に応じて検査を行い、そのほかの治療に入っていきます。
歯周内科治療を行い、大きな成果が上がっています。
とても簡単で効果的な治療です。(新しい治療法です)
ぜひご相談ください。
- メインテナンス
1〜6ヶ月に一度(症状によります)メインテナンスすることで歯周病の発生や再発、増悪を防げます
当院では  定期管理といって患者さんの口の中全てを良好な状態に維持管理していきます。

広田歯科医院
〒680-0945 鳥取県鳥取市湖山町南2丁目147-20
0857-28-5821
歯科専用ホームページ.com