広田歯科医院 鳥取市湖山町南2丁目 一般歯科・歯周病・小児・矯正歯科・審美歯科・予防歯科・レーザー・高周波治療・顎関節症

一般歯科診療と治療の流れ

一般歯科診療とはごく普通に歯科医院で行われている治療です。
虫歯歯周病 の治療、義歯やブリッジの装着や抜歯などです。

01
 治療の流れ

あらかじめ記入して頂いた予診表をもとにお話を聞きます。
患者さんの主訴は何なのか、病気や症状の原因はどこなのか等を調べます。



お口の中を中心にしっかりと調べます。検査が必要な場合は検査をします。



当然、 インフォームド・コンセント を重視して、患者さんが納得できるように充分説明を行い、同意を得て、治療計画を決めていきます。
どのような治療を行うにせよ、必ず患者さんの同意を得てから行いますので、ご安心下さい。納得されないまま治療を進めることは絶対にありません。



治療にはいります。

02
 虫歯の症状と治療

症状1:
歯の表面に白いしみのようなものがあったり、溝の部分が茶色っぽく着色している
酸によって歯の表面のエナメル質が溶かされてしまった状態です。
中からカルシウムが溶け出し、その部分が白くしみのようにみえます。
又、歯の溝の部分が茶色っぽく着色し、ザラつくこともあります。これがむし歯のはじまりです。
この時点で痛みはほとんどありません。
程度、症状に応じて、フッ素塗布や簡単な詰め物をします。なるべく最小限の治療に努めます。
↓虫歯の進行↓
症状2:
冷たいもの、風がしみる
むし歯が象牙質まで進行している状態です。 冷たい水が歯にしみたり、若干の痛みを感じるようになります。 この部分までくると、むし歯の進行は急速に早まります。
虫歯が限局的なものは白い詰め物を充填します。範囲が広くなると歯型を取ってかぶせ物をします。
症状3:
熱いものがしみたり、ものを噛むとズキズキ痛む
むし歯が象牙質から、さらにその下の歯髄(歯の神経)にまで達した状態です。 ズキズキとひどい痛みをともない、痛みを鎮めるために、歯髄を抜く(抜髄する)ケースも多くなります。
歯の神経(歯髄)を掃除したり、歯の内部の管(根管)の治療をして、その後冠をかぶせます。
症状4:
歯冠部(外に見えている部分)がほとんどなくなり、根っこの部分だけのこっている
むし歯の侵食が極度に進行し、歯をほとんど溶かしてしまった状態です。 すでに歯髄が死んでしまっている場合は、痛みを感じません。 歯の根っこの部分が炎症を起こし , うみがたまっていることもあります。
こうなると、歯の内部の管(根管)をしっかり掃除・消毒をして根管の先の炎症を治します。その後、冠をかぶせます。
さらに進行してしまって保存不可能な場合は抜歯することもあります。

(日本歯科医師会)



03
 歯周病の治療 (歯周病についてを参照してください)

検査を行った後、歯周基本治療(プラークコントロール、歯石除去、噛み合わせの調整等)を行い、症状、程度に応じて治療を進めていきます。

そのほか

04
 補綴治療(義歯やブリッジ、冠を作ります)

05
 外科治療(抜歯など)

06
 その他

ホワイトニング、口臭、予防歯科、歯科矯正治療、レーザー治療、顎関節の治療、歯のクリーニングやエステ 等あります。

広田歯科医院
〒680-0945 鳥取県鳥取市湖山町南2丁目147-20
0857-28-5821
歯科専用ホームページ.com