広田歯科医院 鳥取市湖山町南2丁目 一般歯科・歯周病・小児・矯正歯科・審美歯科・予防歯科・レーザー・高周波治療・顎関節症


 卒業おめでとう!!


投稿:

先日、鳥取県立歯科衛生専門学校で第46回卒業式が行なわれました。

卒業生たちは、全員就職が内定していて、4月からは新しい環境で仕事をスタート致します。
全員が歯科医院で勤務する予定でおります。
勤務に向けて体調を整えることは、社会人としてとても重要です。
体調に気をつけて頑張っていただきたいと思います。

さて、他の多くの学校でも、卒業式が行なわれたところもあると思います。
それぞれの目標や夢を叶えるために頑張ってください。


4月から新たな気持ちでスタートするわけですが、なかなか思うように時間がとれないこともあります。この3月のうちにお口の中のケアをオススメします。
歯石や歯垢の除去、虫歯の治療、ホワイトニングなど、まず検診を受けられてはいかがでしょう。

新社会人頑張って下さい。


2011年3月7日()


 すごい雪ですね・・・( ゚д゚)


投稿:

年末年始の大雪がやっとほとんど溶けてきたというのに、昨日から降り続く雪でまた一面真っ白になりましたね。
当院の駐車場も真っ白な雪に覆われて、鳥取は雪国だなぁと実感しました。

毎年のことですが、水道が凍結しないように注意をしているのですが、今日の最高気温は0度で、日中でも氷点下でした。
なんと・・・水道が凍結してしまいました。

今日はお休みだというのに、やさしい業者さんが駆けつけてきてくださり、大変助かりました。
本当に感謝、感謝です。
いろいろな方に支えられて診療できております。

明日からの仕事も頑張っていきます。


雨ニモ負ケズ、風ニモ負ケズ、雪ニモ負ケズ・・・!!


2011年1月16日()


 明けましておめでとうございます。


投稿:

本日より診療開始いたしました。

今年もスタッフ一同、頑張っていきますので、宜しくお願い申し上げます。


2011年1月4日()


 年末年始の診療について


投稿:

12月29日午前まで診療いたします。
診療開始は1月4日からです。

来年も宜しくお願いいたします。


2010年12月18日()


 割れた歯でも治せます(講演会より)


投稿:



「歯内療法の難症例と垂直歯根破折を接着で治す」と題して学会がありました。
北海道大学准教授菅谷勉先生の講演です。

歯を失う原因の1割程度が歯牙破折にあるといわれています。
一度歯牙が破折を起こすと、そのほとんどは抜かれてしまいます。
虫歯や歯周病であれば、徐々に進行するので、その歯の進行度合いもわかるのですが、歯牙破折は、何の前触れもなく、起きてしまいます。
そして、歯根破折の場合は、抜歯となってしまいます。

今回、このような症例を、そのまま接着して治す方法と、一旦抜歯をして接着をし再植する方法の二つの方法で治すポイントを話していただきました。

すべてができるわけではありませんが、これで歯を残すことができます。
以前からこの方法は行なっていたのですが、今回、要点を教えていただき、大変ためになる学会でした。



2010年11月30日()


 鳥取県歯科医学会開催される


投稿:


毎年この時期に行なわれる学会ですが、今年は大阪大学教授の恵比須繁之先生をお迎えし、「より良い歯内治療成績を目指して」をテーマに開催されました。

恵比須先生は歯科保存学の教授で、歯の中の治療(歯内療法)が専門です。

講演内容は、多岐にわたり、歯以外のことにも及びました。


大変ためになる講演でした。
明日からの臨床に役立てたいと思います。



2015年11月27日()


 いい歯の日(11月8日)


投稿:

11月8日を「11(いい)8(歯)の日」とし、歯の大事さを訴えています。

6月4日を「虫歯予防デー」として、以前より、歯の大切さを訴えてきましたが、最近では、11月8日が「いい歯の日」として、有名になってきました。

ご家庭でも、ぜひこの機会に、お口と歯の健康について、考えてみてはいかがでしょう。

歯科医師会でも、新聞広告を出して、歯の大切さをアピールしています。


2010年11月8日()


 訪問診療いってきました。


投稿:

以前来院されたことのある患者さんから依頼を受け、訪問診療に行ってきました。
体調を崩し、体の自由が利かなくなってしまい、歩行が困難になってしまった方たちでした。
お二人いらっしゃたのですが、お一人は歯茎がはれて痛みを伴うものでした。もうおひと方は、かぶせ物が取れて歯がとがって舌を傷つけてしまうという症状でした。

どちらも無事治療は終わり、喜んでいただけました。
以前診療した患者さんから依頼を受け、治療をして喜んでいただけるのは、私もとてもうれしく思います。

診療室で治療後に感謝されるのは、当然うれしいのですが、ご自宅に訪問して感謝されるのは、本当に治療できてよかったなと思います。

地域に根付いた歯科医院でありたいと思います。


2015年11月4日()


 マウスピース矯正とは


投稿:



治療メニューの「マウスピース矯正とは」をリニューアルしました。
マウスピース矯正は最近注目の矯正治療法です。
全世界で100万人以上の人が治療しています。

1日8〜10時間装着していれば、歯列がだんだん良くなっていきます。
ワイヤー矯正の利点、欠点それぞれありますが、マウスピース矯正はワイヤー矯正の欠点を補い、長所に変えています。
詳しくは治療メニューの「マウスピースとは」をご覧ください。


当院では、年齢に合わせて、治療法を選択して説明をしております。その年齢でないとできない治療法もあります。
また、ワイヤー矯正の良いところ、マウスピース矯正の良いところ、取り外しの床タイプの矯正の良いところ、歯列、咬合、患者さんの要望、費用などを考慮して説明しております。


矯正治療を何らかの理由で、ためらっている方は一度ご相談ください。



2010年11月4日()


 「とくダネ!」も見ました? 


投稿:



前回の「ホンマでっか!?TV」に引き続き、「とくダネ!」でも歯科の話をしていました。

こちらは、十分な時間を割いてレポーターが、実際に調べたようです。
これは、歯周病の治療をすることで、糖尿病の数値(HbA1c)を1%も低下させる力を持っているというものでした。
糖尿病患者の方には朗報です。

なぜ歯周病が糖尿病と関係があるかというと・・・
                 歯周病が進行し歯周病菌が増える
                           ↓
                   歯周病菌が血液中に侵入する  
                           ↓
                血液中の白血球が歯周病菌を攻撃する
                           ↓
          TNF-α(インスリンの働きを阻害する物質)が血液中に出てくる
                           ↓
                       血糖値が上がる

糖尿病の他に、動脈硬化、心筋梗塞、メタボリックシンドローム、肺炎、早産、低体重児出産など、多くの全身疾患が歯周病と関連があるといわれています。

糖尿病患者の方はもとより、その他の生活習慣病の予防のためにも、歯周病にならないように、気をつける必要があります。

歯肉炎や歯周炎の気になる方は今すぐ検診を受けられてはいかがですか。




2010年10月23日()

<<前のページ 最新 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 最初 次のページ>>

現在11ページ目を表示しています


お知らせ

2018年 9月






1

2

休診日
3

4

5

6

休診日
7

8

9

休診日
10

11

12

13

休診日
14

15

16

休診日
17

休診日
18

19

20

休診日
21

22

23

休診日
24

休診日
25

26

27

休診日
28

29

30

休診日






広田歯科医院
〒680-0945 鳥取県鳥取市湖山町南2丁目147-20
0857-28-5821

Copyright (c) Hirota Dental Cllinic All Rights Reserved.